赤ちゃんを可愛く撮るためにカメラに求められているたったひとつの条件

赤ちゃんを可愛く撮るために、高価な一眼レフなどを購入しようと思っているお父さん!

ちょっと待ってください!

確かに一眼レフはきれいな写真が撮れることは確かなのですが、
こと赤ちゃんを可愛く撮るためには、ちょっとハイスペックすぎるかもしれません。

というのも、一眼レフはカメラ自体が大きく、重く、
カメラを両手でしっかりとホールドしないと写真を撮ることができません。

ですが、赤ちゃんは一瞬足りとも同じところにはいないですし、いついい笑顔になるかもわかりません。

そんな時に重いカメラを抱えたままでは、シャッターチャンスを逃してしまうかも!

赤ちゃんをせっかくだから少しでもいい画像で残したい気持ちはわかりますが、
本当に赤ちゃんを可愛く撮るのであれば、
「画質よりも機動力」
と考えたほうがベターでしょう。

むしろ、赤ちゃんを可愛く撮るためにカメラに要求されている条件はただひとつ、
「広角域の焦点距離」
だけです。

広角のカメラだと、赤ちゃんに近接しながら広い範囲を撮影できるので、
赤ちゃんの身体全体を捉えることができます。

よくある失敗に、
「赤ちゃんの顔のアップばかり写している」
というのがあります。

確かに赤ちゃんの可愛いのは顔ですが、顔のアップばかりだと、第3者にその可愛さが伝わりにくいのです。

できれば画面内に赤ちゃんの体のほぼ全体が収まるような写真のほうが可愛さが伝わりやすくなります。

そうなると、できるだけ広角のレンズを採用したカメラのほうがより適している・・・
ということになります。

赤ちゃんを可愛く撮るためにカメラに求められている条件は、
「広角レンズ」
ということを覚えておいてください。