赤ちゃんの写真を可愛く撮るために最も必要なこと

赤ちゃんを可愛く撮るためには、そんなに高価なカメラも、高度なテクニックも、本当はあまり必要ではないのです。

そうしたお金や技術をかけて撮影した写真は、確かにきれいには写るでしょう。
でも、見た瞬間はきれいに思えても、見ているうちに、ちょっとよそよそしく感じられてくることも多いのです。

赤ちゃんの可愛さは、こちらが思いもしない瞬間に、ドキッとするような表情を見せる、そのバイタリティにあるのです。
だけど、あまりにもきれいに写そうとすると、その赤ちゃんの持つ表情のバイタリティが失われてしまいがちなんですね。

むしろ、安っぽいカメラで撮ったり、ちょっと手ブレやピンぼけしているぐらいの写真のほうが、可愛い写真に出来上がることも多いのです。

若い女性の間で「トイカメラ」が流行しているのも、そうした「高級なカメラでは表現しきれない独特な可愛さ」を持った写真の表現方法がある、ということを彼女たちの感性が知っているからなのです。

それでは、赤ちゃんを可愛く撮るために最も必要なことはなんでしょうか?

それは、人それぞれ答えがあるかと思いますが、ここでは
「写真を写すお父さんお母さんが、笑いながらカメラを構える」
ことだと思います。

赤ちゃんの可愛い写真を撮ろうと一生懸命になるのはいいのですが、
カメラを持ったパパママが真面目な顔をしていたり、コワい顔をしていたら、赤ちゃんは本当の笑顔を見せてはくれません。

その時は、肩の力を抜いて、まず「赤ちゃんの写真を撮ることを楽しむ」。
写真を撮ることを、赤ちゃんとのコミュニケーションのひとつ、と考えて、「赤ちゃんにしゃべりかけながら撮る」。
そして、「赤ちゃんに笑顔を見せながら撮る」。

赤ちゃんは親が笑顔だと自分も自然に笑顔になります。
そうした表情を、連写で撮影する。

高価なカメラよりも、高度なテクニックよりも、お父さんお母さんの笑顔こそが、赤ちゃんを可愛く撮影するために最も必要な物なのです。