赤ちゃんの決定的瞬間を逃さないためには!

ある程度の年令になった子供は、次に何をするのか予測できるようになりますが、おすわりが出来るようになった赤ちゃん~3歳ぐらいまでは、次にどんな動きをするのか、全く予想できません。

表情にしても、さっきまで大泣きしていたと思ったら、次の瞬間にはとてもいい笑顔をしたりするんですよね。

そして、「今の笑顔いいからもう一度!」と思っても、赤ちゃんは決して同じ顔をしてくれません。

そのため、いつ、どんな時に最高のシャッターチャンスが訪れるか、それは誰にもわかりません。

だからといって常にカメラを赤ちゃんに向けても、赤ちゃんはカメラに意識が行ってしまい、シャッターチャンスは遠ざかるばかり・・・

ほんとうに、難しいですよね!!赤ちゃんのいい写真を撮るのは。

赤ちゃんの可愛い瞬間をうまく撮りたいと思ったら、とにかくたくさんシャッターを押すことです。
昔だったらフィルム代のことを考えるとなかなか難しかったことでも、
デジカメだったら気軽に行えますよね。

容量の大きいメモリーを搭載すれば、撮れる枚数は数万枚にもなるので、ほぼ無限大に撮れると言っても過言ではありません。

そして、カメラの設定を常に「連写モード」にしておきましょう。
赤ちゃんの可愛さを切り取るには、とにかく大量に撮影するしかありません。ひたすら連写して、その中からいい写真をセレクトする・・・

今の時代はそれが簡単にできるのですから、ためらわずにどんどん連写していきましょう。