赤ちゃんを撮影するときに絶対にやってはいけないこと

可愛い赤ちゃん、記録に残すためにはどんどん撮影してほしいのですが、
1つだけ、ついうっかりやってしまいがちだけど、絶対にやってはいけないことがあります。
それは・・・

フラッシュをたくことです。

フラッシュは、大人の目にもダメージを与えて、目が弱い人などは涙が止まらなくなる場合もありますが、赤ちゃんの目はまだ成長段階。大人と比べるととてもとても弱いのです。

そこに強いフラッシュの光は、ものすごいダメージを赤ちゃんの目に与えます。

ですから、赤ちゃんを撮影するのには、フラッシュの必要のない環境で撮影してください。

最近のデジカメは暗いところでもフラッシュ無しでキレイに撮ることができるようになっています。
赤ちゃんの目のことを抜きにしても、フラッシュを焚いて撮影した写真は、どうしてもコントラストの強すぎる、わざとらしい写真になりがちです。
暗い室内で赤ちゃんを撮ることが多いのであれば、ISO感度の良い、また手ブレ防止機能が強力についた、暗所撮影にすぐれたカメラを使って、フラッシュ無しで撮影してください。

最近の優れたカメラは家の電気を消して、ろうそくの光だけでも鮮やかに撮影することができるほど感度の良いモデルが出ています。
赤ちゃんを撮影するのであれば、そうしたカメラを選ぶのもひとつの選択肢だと思います。