赤ちゃんが必ずカメラ目線になる!魔法のアイテム

赤ちゃんが可愛く写っている写真って、きちんと撮ったものよりも、
日常の生活感が出ているスナップショットのほうが
味があっていい場合が多いのですが、
やっぱり、スナップ写真ばかりではんくて、おすまししている、ちゃんとした写真も撮っておきたいですよね。

でも、当然のことながら、赤ちゃんは一瞬たりともじっとしていてくれない。
カメラを向けると、そのカメラへの興味が先に出てしまって
カメラで遊ぼうとしてしまったり。
「こっち向いてー」と呼びかけても、まずほとんど思うようにこっちを向いてくれることはありません。
赤ちゃんの機嫌を良くしようとしてガラガラとかおもちゃで気を引こうとすると、そっちのほうに寄ってきてしまったり。
そして、1ヵ所にいるように無理に押し付けたりすると大泣き・・・

正面を向いた写真を撮るのには本当に苦労します。

そんなご苦労パパに、「これを使えば必ず赤ちゃんがカメラ目線になる」という魔法のようなアイテムをご紹介します。

それが、「ShutterBuddy」というアイテム。
ShutterBuddy、カメラに取り付けるフードのような形をしています。
このようなアイテム。
ShutterBuddy
この市松模様が魔法の秘密。
乳児の視覚発達科学と、赤ちゃんの注目を得て維持するパターン認識を使っているのだとか。

でもこれ、自作できそうですよね。
大きめのボードを買ってきて、市松模様を描き、その中心にカメラを埋め込めば完成。

ShutterBuddyを買ってもいいですが、まずは自作で効果が本当にあるのか試してみるのもいいかもしれません。

赤ちゃんの写真を可愛く撮るために最も必要なこと

赤ちゃんを可愛く撮るためには、そんなに高価なカメラも、高度なテクニックも、本当はあまり必要ではないのです。

そうしたお金や技術をかけて撮影した写真は、確かにきれいには写るでしょう。
でも、見た瞬間はきれいに思えても、見ているうちに、ちょっとよそよそしく感じられてくることも多いのです。

赤ちゃんの可愛さは、こちらが思いもしない瞬間に、ドキッとするような表情を見せる、そのバイタリティにあるのです。
だけど、あまりにもきれいに写そうとすると、その赤ちゃんの持つ表情のバイタリティが失われてしまいがちなんですね。

むしろ、安っぽいカメラで撮ったり、ちょっと手ブレやピンぼけしているぐらいの写真のほうが、可愛い写真に出来上がることも多いのです。

若い女性の間で「トイカメラ」が流行しているのも、そうした「高級なカメラでは表現しきれない独特な可愛さ」を持った写真の表現方法がある、ということを彼女たちの感性が知っているからなのです。

それでは、赤ちゃんを可愛く撮るために最も必要なことはなんでしょうか?

それは、人それぞれ答えがあるかと思いますが、ここでは
「写真を写すお父さんお母さんが、笑いながらカメラを構える」
ことだと思います。

赤ちゃんの可愛い写真を撮ろうと一生懸命になるのはいいのですが、
カメラを持ったパパママが真面目な顔をしていたり、コワい顔をしていたら、赤ちゃんは本当の笑顔を見せてはくれません。

その時は、肩の力を抜いて、まず「赤ちゃんの写真を撮ることを楽しむ」。
写真を撮ることを、赤ちゃんとのコミュニケーションのひとつ、と考えて、「赤ちゃんにしゃべりかけながら撮る」。
そして、「赤ちゃんに笑顔を見せながら撮る」。

赤ちゃんは親が笑顔だと自分も自然に笑顔になります。
そうした表情を、連写で撮影する。

高価なカメラよりも、高度なテクニックよりも、お父さんお母さんの笑顔こそが、赤ちゃんを可愛く撮影するために最も必要な物なのです。

赤ちゃんの決定的瞬間を逃さないためには!

ある程度の年令になった子供は、次に何をするのか予測できるようになりますが、おすわりが出来るようになった赤ちゃん~3歳ぐらいまでは、次にどんな動きをするのか、全く予想できません。

表情にしても、さっきまで大泣きしていたと思ったら、次の瞬間にはとてもいい笑顔をしたりするんですよね。

そして、「今の笑顔いいからもう一度!」と思っても、赤ちゃんは決して同じ顔をしてくれません。

そのため、いつ、どんな時に最高のシャッターチャンスが訪れるか、それは誰にもわかりません。

だからといって常にカメラを赤ちゃんに向けても、赤ちゃんはカメラに意識が行ってしまい、シャッターチャンスは遠ざかるばかり・・・

ほんとうに、難しいですよね!!赤ちゃんのいい写真を撮るのは。

赤ちゃんの可愛い瞬間をうまく撮りたいと思ったら、とにかくたくさんシャッターを押すことです。
昔だったらフィルム代のことを考えるとなかなか難しかったことでも、
デジカメだったら気軽に行えますよね。

容量の大きいメモリーを搭載すれば、撮れる枚数は数万枚にもなるので、ほぼ無限大に撮れると言っても過言ではありません。

そして、カメラの設定を常に「連写モード」にしておきましょう。
赤ちゃんの可愛さを切り取るには、とにかく大量に撮影するしかありません。ひたすら連写して、その中からいい写真をセレクトする・・・

今の時代はそれが簡単にできるのですから、ためらわずにどんどん連写していきましょう。