あの「コダック」が伝授する赤ちゃんを可愛く撮る10の方法

カメラに詳しくはなくても、「コダック」の名前は聞いたことがあると思います。
そのぐらい世界的なカメラ・フィルムのブランド、コダック。

そのコダックが「赤ちゃんの写真を撮るコツ(TIPS FOR BETTER BABY PICTURES)」というページを持っていることをご存知ですか?
こちらのページになります。
コダック:赤ちゃんの写真を撮るコツ

このページでは、赤ちゃんを可愛く撮影するために欠かせない10のコツが書かれています。

別にコダックのカメラやフィルムを使いなさい、とは書いてません。

1番目は「近くに寄る」。2番目は「遠くから撮る」。
まるで正反対のことが書いてありますね。

要は、いろんなショットを撮っておきましょう、ということのようです。
今はデジカメなので、フィルムの消費を心配する必要もなくなりました。
それならば、少しでもたくさん写真を撮って、その中からベストショットを選び出すのが賢明、ということのようです。

とかく初心者ほど「最高の一枚」を撮ろうとしてなかなかシャッターを押さないパターンが多いのですが、少しでもカメラに慣れるためにも、とにかく失敗ショットをおそれずに、パシャパシャ撮りましょう。

その際にはこのコダックによるアドバイスが役に立つと思います。

赤ちゃんを可愛く撮りたいならお手本になるサイトがあります!

赤ちゃんを可愛く撮るためには、やはりコツを知る必要があります。
赤ちゃんを可愛く撮るための本もいくつか刊行されていますが、
やはり本の小さな写真では、なかなかそのコツがうまく伝わってこなかったりしますよね。

そういう時には、ネット上で「赤ちゃんを可愛く撮っている人のサイト」が
とても参考になります。

なかでも、多くの人から「役に立つ!」「実際に撮影している赤ちゃんが可愛い!」などなど、評判がとてもいいサイトがあります。

それが、
100ぱーせんとコドモカメラ
というサイト。
kodomocamera

このサイトの中で可愛い赤ちゃんの写真を撮影しているのが「中村愛」さん。
中村さんは子供を専門とするフリーのカメラマンです。
中村さん、もとはカメラの素人だったそうです。
それが、今では「とにかく赤ちゃんを可愛く撮ってくれる!」ということで撮影希望者が殺到、年間1000人以上の子供を撮影しているのだとか。

そんな中村愛さんが、このサイトの中で「秘伝」の
「赤ちゃんを可愛く撮るための方法」や
「赤ちゃんを可愛く撮るための道具」
について、レクチャーしてくれます。
この「道具」のページで、可愛く撮るためのカメラとして推薦しているのが、なんと「写ルンです」!

そう、赤ちゃんを可愛く撮るためには、高価なカメラは必要ないのです。

このサイトを読めば、赤ちゃんを可愛く撮るためにあれもしなきゃこれもしなきゃ!という肩の力がすっと抜けるように感じると思います。

赤ちゃんを可愛く撮るのは、実はお金もそんなにかからないし、テクニックもそんなに必要ないのです。

それを知るためにも、このサイト、ぜひよく読んでみてください。