あえて赤ちゃんの顔を写さないのも高等テクニックとして「アリ」!

やっぱり親としては赤ちゃんの表情をいちばん中心に撮りたいですよね。
それは全く間違っていません。

だけど、1枚だけならそうした赤ちゃんの笑顔の写真がベストなのですが、
何枚かの組み写真であるとか、ちょっと意外性をもたせたい時などは、

あえて赤ちゃんの顔を写さない

という高等テクニックがあります。

じゃあ赤ちゃんの何を写すの?
というと、例えばこんな感じの写真なんかどうでしょう?
baby hands in color

また、こんな写真もあります。
0000

これらの写真は、赤ちゃんの顔が写っていません。
だけど、赤ちゃんが両親の愛情をたっぷり受けて、すくすくと育っていることがよく分かりますよね。

アルバムの中に、こんな写真が一枚入っていたら、とても素敵だと思うし、
赤ちゃんが大きくなってそれを見たら、自分が愛されていることを実感できるのではないでしょうか。

これは高度なコツです。
ぜひ一枚、赤ちゃんの体のパーツに焦点を当てて写真を撮ってみてください。

赤ちゃんが必ずカメラ目線になる!魔法のアイテム

赤ちゃんが可愛く写っている写真って、きちんと撮ったものよりも、
日常の生活感が出ているスナップショットのほうが
味があっていい場合が多いのですが、
やっぱり、スナップ写真ばかりではんくて、おすまししている、ちゃんとした写真も撮っておきたいですよね。

でも、当然のことながら、赤ちゃんは一瞬たりともじっとしていてくれない。
カメラを向けると、そのカメラへの興味が先に出てしまって
カメラで遊ぼうとしてしまったり。
「こっち向いてー」と呼びかけても、まずほとんど思うようにこっちを向いてくれることはありません。
赤ちゃんの機嫌を良くしようとしてガラガラとかおもちゃで気を引こうとすると、そっちのほうに寄ってきてしまったり。
そして、1ヵ所にいるように無理に押し付けたりすると大泣き・・・

正面を向いた写真を撮るのには本当に苦労します。

そんなご苦労パパに、「これを使えば必ず赤ちゃんがカメラ目線になる」という魔法のようなアイテムをご紹介します。

それが、「ShutterBuddy」というアイテム。
ShutterBuddy、カメラに取り付けるフードのような形をしています。
このようなアイテム。
ShutterBuddy
この市松模様が魔法の秘密。
乳児の視覚発達科学と、赤ちゃんの注目を得て維持するパターン認識を使っているのだとか。

でもこれ、自作できそうですよね。
大きめのボードを買ってきて、市松模様を描き、その中心にカメラを埋め込めば完成。

ShutterBuddyを買ってもいいですが、まずは自作で効果が本当にあるのか試してみるのもいいかもしれません。

赤ちゃんの写真を可愛く撮るために最も必要なこと

赤ちゃんを可愛く撮るためには、そんなに高価なカメラも、高度なテクニックも、本当はあまり必要ではないのです。

そうしたお金や技術をかけて撮影した写真は、確かにきれいには写るでしょう。
でも、見た瞬間はきれいに思えても、見ているうちに、ちょっとよそよそしく感じられてくることも多いのです。

赤ちゃんの可愛さは、こちらが思いもしない瞬間に、ドキッとするような表情を見せる、そのバイタリティにあるのです。
だけど、あまりにもきれいに写そうとすると、その赤ちゃんの持つ表情のバイタリティが失われてしまいがちなんですね。

むしろ、安っぽいカメラで撮ったり、ちょっと手ブレやピンぼけしているぐらいの写真のほうが、可愛い写真に出来上がることも多いのです。

若い女性の間で「トイカメラ」が流行しているのも、そうした「高級なカメラでは表現しきれない独特な可愛さ」を持った写真の表現方法がある、ということを彼女たちの感性が知っているからなのです。

それでは、赤ちゃんを可愛く撮るために最も必要なことはなんでしょうか?

それは、人それぞれ答えがあるかと思いますが、ここでは
「写真を写すお父さんお母さんが、笑いながらカメラを構える」
ことだと思います。

赤ちゃんの可愛い写真を撮ろうと一生懸命になるのはいいのですが、
カメラを持ったパパママが真面目な顔をしていたり、コワい顔をしていたら、赤ちゃんは本当の笑顔を見せてはくれません。

その時は、肩の力を抜いて、まず「赤ちゃんの写真を撮ることを楽しむ」。
写真を撮ることを、赤ちゃんとのコミュニケーションのひとつ、と考えて、「赤ちゃんにしゃべりかけながら撮る」。
そして、「赤ちゃんに笑顔を見せながら撮る」。

赤ちゃんは親が笑顔だと自分も自然に笑顔になります。
そうした表情を、連写で撮影する。

高価なカメラよりも、高度なテクニックよりも、お父さんお母さんの笑顔こそが、赤ちゃんを可愛く撮影するために最も必要な物なのです。

赤ちゃんの決定的瞬間を逃さないためには!

ある程度の年令になった子供は、次に何をするのか予測できるようになりますが、おすわりが出来るようになった赤ちゃん~3歳ぐらいまでは、次にどんな動きをするのか、全く予想できません。

表情にしても、さっきまで大泣きしていたと思ったら、次の瞬間にはとてもいい笑顔をしたりするんですよね。

そして、「今の笑顔いいからもう一度!」と思っても、赤ちゃんは決して同じ顔をしてくれません。

そのため、いつ、どんな時に最高のシャッターチャンスが訪れるか、それは誰にもわかりません。

だからといって常にカメラを赤ちゃんに向けても、赤ちゃんはカメラに意識が行ってしまい、シャッターチャンスは遠ざかるばかり・・・

ほんとうに、難しいですよね!!赤ちゃんのいい写真を撮るのは。

赤ちゃんの可愛い瞬間をうまく撮りたいと思ったら、とにかくたくさんシャッターを押すことです。
昔だったらフィルム代のことを考えるとなかなか難しかったことでも、
デジカメだったら気軽に行えますよね。

容量の大きいメモリーを搭載すれば、撮れる枚数は数万枚にもなるので、ほぼ無限大に撮れると言っても過言ではありません。

そして、カメラの設定を常に「連写モード」にしておきましょう。
赤ちゃんの可愛さを切り取るには、とにかく大量に撮影するしかありません。ひたすら連写して、その中からいい写真をセレクトする・・・

今の時代はそれが簡単にできるのですから、ためらわずにどんどん連写していきましょう。

赤ちゃんを可愛く撮るには赤ちゃんと同じ目線で!

赤ちゃんを撮影するときに、どのような態勢をとっていますか?
立って撮影しますか?
中腰で撮影しますか?

あまり可愛くなく撮れている写真を見ると、撮影している人が立ったまま赤ちゃんを見下ろすような形のアングルで撮影している場合が多いのです。

でもこれはNG。赤ちゃんを上から見下ろすようなアングルでは、赤ちゃんを可愛く撮ることはできません。
中腰でも、やっぱり難しいですね。中腰は得てしてやってしまいがちですが、
腰を悪くするだけであまり効果はないので、やめておいたほうがいいでしょう。

赤ちゃんを可愛く撮影するための態勢は、
「できるだけ赤ちゃんと同じ目線で」
アングルを低く、低くもっていきましょう。

いちばん正解なのは、床に腹ばいになって撮影するアングル。
この態勢がいちばん赤ちゃんの表情をリアルに捉えることもできますし、
赤ちゃんもリラックスしていい表情をかえしてくれる可能性が高くなります。

腹ばいが難しいようでしたら、腰を完全に落として座った態勢で撮影しましょう。

大人になると、腹ばいになったりしゃがんだりすることに抵抗を感じるようになりますが、その気恥ずかしさを乗り越えて、
赤ちゃんと同じ目線に立つことで本当に可愛い赤ちゃんの写真を撮ることができるようになります。

撮影の時には赤ちゃんと同じ目線で!
そして、赤ちゃんとコミュニケーションを取りながら撮影すれば、
赤ちゃんのいい表情、可愛さが全開の写真が撮れると思いますよ!

赤ちゃんを撮影するときに絶対にやってはいけないこと

可愛い赤ちゃん、記録に残すためにはどんどん撮影してほしいのですが、
1つだけ、ついうっかりやってしまいがちだけど、絶対にやってはいけないことがあります。
それは・・・

フラッシュをたくことです。

フラッシュは、大人の目にもダメージを与えて、目が弱い人などは涙が止まらなくなる場合もありますが、赤ちゃんの目はまだ成長段階。大人と比べるととてもとても弱いのです。

そこに強いフラッシュの光は、ものすごいダメージを赤ちゃんの目に与えます。

ですから、赤ちゃんを撮影するのには、フラッシュの必要のない環境で撮影してください。

最近のデジカメは暗いところでもフラッシュ無しでキレイに撮ることができるようになっています。
赤ちゃんの目のことを抜きにしても、フラッシュを焚いて撮影した写真は、どうしてもコントラストの強すぎる、わざとらしい写真になりがちです。
暗い室内で赤ちゃんを撮ることが多いのであれば、ISO感度の良い、また手ブレ防止機能が強力についた、暗所撮影にすぐれたカメラを使って、フラッシュ無しで撮影してください。

最近の優れたカメラは家の電気を消して、ろうそくの光だけでも鮮やかに撮影することができるほど感度の良いモデルが出ています。
赤ちゃんを撮影するのであれば、そうしたカメラを選ぶのもひとつの選択肢だと思います。

あの「コダック」が伝授する赤ちゃんを可愛く撮る10の方法

カメラに詳しくはなくても、「コダック」の名前は聞いたことがあると思います。
そのぐらい世界的なカメラ・フィルムのブランド、コダック。

そのコダックが「赤ちゃんの写真を撮るコツ(TIPS FOR BETTER BABY PICTURES)」というページを持っていることをご存知ですか?
こちらのページになります。
コダック:赤ちゃんの写真を撮るコツ

このページでは、赤ちゃんを可愛く撮影するために欠かせない10のコツが書かれています。

別にコダックのカメラやフィルムを使いなさい、とは書いてません。

1番目は「近くに寄る」。2番目は「遠くから撮る」。
まるで正反対のことが書いてありますね。

要は、いろんなショットを撮っておきましょう、ということのようです。
今はデジカメなので、フィルムの消費を心配する必要もなくなりました。
それならば、少しでもたくさん写真を撮って、その中からベストショットを選び出すのが賢明、ということのようです。

とかく初心者ほど「最高の一枚」を撮ろうとしてなかなかシャッターを押さないパターンが多いのですが、少しでもカメラに慣れるためにも、とにかく失敗ショットをおそれずに、パシャパシャ撮りましょう。

その際にはこのコダックによるアドバイスが役に立つと思います。

赤ちゃんを可愛く撮りたいならお手本になるサイトがあります!

赤ちゃんを可愛く撮るためには、やはりコツを知る必要があります。
赤ちゃんを可愛く撮るための本もいくつか刊行されていますが、
やはり本の小さな写真では、なかなかそのコツがうまく伝わってこなかったりしますよね。

そういう時には、ネット上で「赤ちゃんを可愛く撮っている人のサイト」が
とても参考になります。

なかでも、多くの人から「役に立つ!」「実際に撮影している赤ちゃんが可愛い!」などなど、評判がとてもいいサイトがあります。

それが、
100ぱーせんとコドモカメラ
というサイト。
kodomocamera

このサイトの中で可愛い赤ちゃんの写真を撮影しているのが「中村愛」さん。
中村さんは子供を専門とするフリーのカメラマンです。
中村さん、もとはカメラの素人だったそうです。
それが、今では「とにかく赤ちゃんを可愛く撮ってくれる!」ということで撮影希望者が殺到、年間1000人以上の子供を撮影しているのだとか。

そんな中村愛さんが、このサイトの中で「秘伝」の
「赤ちゃんを可愛く撮るための方法」や
「赤ちゃんを可愛く撮るための道具」
について、レクチャーしてくれます。
この「道具」のページで、可愛く撮るためのカメラとして推薦しているのが、なんと「写ルンです」!

そう、赤ちゃんを可愛く撮るためには、高価なカメラは必要ないのです。

このサイトを読めば、赤ちゃんを可愛く撮るためにあれもしなきゃこれもしなきゃ!という肩の力がすっと抜けるように感じると思います。

赤ちゃんを可愛く撮るのは、実はお金もそんなにかからないし、テクニックもそんなに必要ないのです。

それを知るためにも、このサイト、ぜひよく読んでみてください。

赤ちゃんを可愛く撮るためにカメラに求められているたったひとつの条件

赤ちゃんを可愛く撮るために、高価な一眼レフなどを購入しようと思っているお父さん!

ちょっと待ってください!

確かに一眼レフはきれいな写真が撮れることは確かなのですが、
こと赤ちゃんを可愛く撮るためには、ちょっとハイスペックすぎるかもしれません。

というのも、一眼レフはカメラ自体が大きく、重く、
カメラを両手でしっかりとホールドしないと写真を撮ることができません。

ですが、赤ちゃんは一瞬足りとも同じところにはいないですし、いついい笑顔になるかもわかりません。

そんな時に重いカメラを抱えたままでは、シャッターチャンスを逃してしまうかも!

赤ちゃんをせっかくだから少しでもいい画像で残したい気持ちはわかりますが、
本当に赤ちゃんを可愛く撮るのであれば、
「画質よりも機動力」
と考えたほうがベターでしょう。

むしろ、赤ちゃんを可愛く撮るためにカメラに要求されている条件はただひとつ、
「広角域の焦点距離」
だけです。

広角のカメラだと、赤ちゃんに近接しながら広い範囲を撮影できるので、
赤ちゃんの身体全体を捉えることができます。

よくある失敗に、
「赤ちゃんの顔のアップばかり写している」
というのがあります。

確かに赤ちゃんの可愛いのは顔ですが、顔のアップばかりだと、第3者にその可愛さが伝わりにくいのです。

できれば画面内に赤ちゃんの体のほぼ全体が収まるような写真のほうが可愛さが伝わりやすくなります。

そうなると、できるだけ広角のレンズを採用したカメラのほうがより適している・・・
ということになります。

赤ちゃんを可愛く撮るためにカメラに求められている条件は、
「広角レンズ」
ということを覚えておいてください。